さまざまな特徴を持っている通信制高校

通信制高校の特徴

不登校になった人たちや、ひきこもりで学校に行かないあるいはいけないといった人、また一般の子供たちでも利用している高校が通信制高校です。
この高校の特徴は、毎日のように学校に行く必要がなく家で勉強して、レポートを提出するという特徴を持っています。
提出されたレポートは学校の先生が見てA・B・C等の評価がついて、本人に返送されます。
通信制高校では年間25日程度のスクーリング(学校に行かなければならない日)というのがあり、運動会やホームルーム、文化祭や学期末テストなどこのスクーリングの中で行っている学校が多くあります。
学校によっては1か月1回のスクーリングと行事やテストで何回か登校する学校や、2週間ごとにスクーリングのある学校など様々な高校が存在しています。
勉強のやり方については教科書や副教材を呼んで勉強する高校や放送を聴いてレポートを書く高校があります。
通信制高校と技能連携している学校もあります。
技能連携している学校というのは、スクーリングに通う必要はなくその学校に通うことで、連携している通信制高校の卒業資格が授与されます。

通信制高校の特徴通信制高校の特色や学習内容NHK学園高等学校の場合

通信制高校 : みんなの通信制高校ナビ